FC2ブログ

The Beatlesの「I Want to Hold Your Hand」を打込み&歌ってみた

歌とギターと打込みの練習で、The Beatlesの「I Want to Hold Your Hand」を打込んで、歌ってみました。

音源作成環境は、以下の通りです。

------------------------------
DAW:Cubase Pro 9.5
Bs:Trilian
Dr(Kick):Battery4
Dr:(Kontakt)AbbeyRoad 70s Drummer
A.Gt:(Kontakt)Strummed Acoustic
E.Piano&Organ:HALion Sonic
Brass:(Kontakt)Session Horns Pro
Shekere:StylusRMX
------------------------------

スポンサーサイト



【Halion Sonic SE】 トリガーパッドを使用して コード弾きをしてみる

前回に引き続き、「Halion Sonic SE」の機能について書いてみます。




「Halion Sonic SE」のトリガーパッドを使えば、

一つのパッドを押すだけ、又は一つのキーを押すだけで

複数の音を鳴らす事が出来ます。




複数のパッドに色々なコードを設定しておけば、

指一本でコード演奏を行うことが出来ます。



そのトリガーパッドの設定方法を行う手順を

下記の動画にまとめましたので載せておきます。

-------------------------------------
●【Halion Sonic SE】トリガーパッドを使用してコード弾きをしてみる



-------------------------------------

【Halion Sonic SE】CPU負荷を軽減させる方法(処理使用コア数を増やす設定例)

Cubase7.5に付属しているプラグイン「Halion Sonic SE」は

マルチティンバー音源なので、

作曲のメモ代わりに使うにはすごく便利です。




ただ、そこそこ重いソフト音源の様で、

16パート全て使い切った状態でMIDI再生させると

CPU負荷が100%近くまでいってしまいます。




その理由は、デフォルトの状態では

処理に使用するCPUのコア数が

1つしか使われない設定になっているのが原因でした。




処理に使用するCPUのコア数を増やすと

大幅にCPU負荷を減らす事ができますので、

CPUの負荷に悩んでいる方は、

一度試してみてください。



そのCPUのコア数を増やす手順を

動画にまとめましたので、

下記に貼っておきます。

-------------------------------------
●【Halion Sonic SE】CPU負荷を軽減させる方法(処理使用コア数を増やす設定例)



-------------------------------------

【EZKeys】自分で弾いたピアノ演奏を付属MIDIデータを使用してブラッシュアップ

気が付いたら、半年近く放置してました(^^;

久々にブログ更新します。




ピアノ演奏を良い感じに録音しようと思っても、

ある程度の技術がないと、納得のいく出来で弾く事は

なかなか難しいと思います。




そんな鍵盤が上手く弾けない人の強い味方が

「EZKeys」というソフト音源です。




POPSやJAZZなど、色んなジャンル別で伴奏MIDIデータが収録されていまして、

自分の作っている楽曲に合う伴奏MIDIデータを選択して、

コード進行を設定してあげるだけで、

基本的な形のバッキングが出来上がります。




今回作成した動画は、私が適当に4小節分のメロディをピアノで演奏し、

そのピアノ演奏に伴奏MIDIデータを合体させて、

ピアノ独奏している様に聴かせられるか実験してみました。





あと、合体して作ったピアノ独奏風MIDIデータを

EZKeys上から読み込んで再生するまでの流れを記録しました。





「ピアノ弾けないけど、ピアノアレンジを作ってみたい」という方がいらっしゃれば、

「EZKeys」購入も検討しても良いのではないでしょうか。



-------------------------------------
●「EZKeys」を使用してオリジナルのMIDIデータを作成&データ登録



-------------------------------------

【ギター音源】ギターのコードチェンジ時に解放弦の音色を入れてみる【MIDI打ち込み】

ギター音源をリアルに鳴らす為に

様々な事に気を使って

MIDIデータを編集しなければいけません。



その気を使う点のひとつとして

ギターのコードフォームのチェンジの際の

解放弦の響きにも意識した方が良いかと思います。



ギターを演奏していて

コードチェンジ前後のフォーム次第では

一旦ギターの指板から指を離します。

その際、一瞬全弦が解放された状態になります。




その状況を、ギター音源のMIDI打ち込みにて

再現してみた際の動画を作成しました。




解放弦有り無しで、どれだけリアルに近づけるか比較してみました。

-------------------------------------
●ギターのコードチェンジ時に解放弦の音色を入れてみる



-------------------------------------
プロフィール

ネロプー

Author:ネロプー
徳島県三好市を中心に活動しているバンド「さんずい」のDr担当をしてます。
レコーディングからマスタリングに関して勉強中です。得た情報を当ブログにて、出来るだけ分かりやすくまとめていこうと思ってます。
演奏に関する情報は…ヘタクソなので書けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR