FC2ブログ

【Cubase9.5】LoopMash2で遊んでみる

LoopMashは、1の時代から有効な使い方がいまいち分かっていないので

今回は研究がてら遊んでみたいと思います。



内容は、まず代表的なフレーズを最初に決めておいて、

そのフレーズを元に8つの異なる音色で弾いた波形データを

LoopMash2に取り入れたらどんな感じになるか試してみます。


--------------------------------------
●【Cubase9.5】LoopMash2の8パートに対して似たようなフレーズを鳴らした異なる音色の波形データをセットしてみる


--------------------------------------

個人的には、有効な使い道が見つかったかなと思いました。

楽曲にアクセントが欲しい時に、使ってみたいです。
スポンサーサイト



【Halion6】FlexPhraserを使用してバッキングを鳴らしてみる

最近ソフトを購入しましたので、それをネタに久々にブログ更新します。



バレンタイン企画でHalion6を購入したので、練習がてら適当に打ち込んでみました。

FlexPhraserというアルペジエイターの機能が気になったので、

その機能を元にデモ曲を作成しました。




全9パートの内、5パートに対してFlexPhraserを使用してみました。

今回のデモ曲に使用した音色は次の通りです。

※FlexPhraserはアルペジエイターです。



(1)Power Kit 1(FlexPhraser使用)
(2)Coliseum Bass(FlexPhraser使用)
(3)Dark Crunchy Strat(FlexPhraser使用)
(4)Tex-Mex Guitar(FlexPhraser使用)
(5)Rock Perc(FlexPhraser使用)
(6)Auto Chordette(Arpeggio音色)
(7)Pumped
(8)Sync It
(9)Albedo
※全てHalion6の音源です。

--------------------------
●【Halion6】FlexPhraserを使用してバッキングを鳴らしてみる



--------------------------

Halion6は多機能なサンプラーソフトなので、

便利な機能を覚えたら

ここにメモしていこうと思います。

ミックス作業におけるボーカルトラック処理例

ミックス作業は、おおざっぱに説明すると各パートをバランスよくまとめて聴きやすい状態にする作業です。

ただ、音楽のジャンルや作業者によってやり方は様々あるので、これが正解っていう方法は無いと思います。

なので、今回ボーカルパートの処理例を書きますが、こういう風にしなければいけないっていう事ではありません。

あくまで、参考程度に留めておいて参照して頂ければと思います。


ボーカル処理例





・コンプ

ボーカルのメイントラックはレベルを軽くそろえる程度に掛ける

ボーカルの複製トラックは思いきりかける(レシオは8:1程度、6dB以上のゲイン・リダクション、アタックは速め、リリースは中間~遅め)



・レベル書き

録音レベルが低い部分は3dB~4dBブーストするようなレベル書きを行う



・EQ

100Hz近辺をカット

女性ボーカル:5kHz~8kHzの帯域を1dB~2dBブースト&その周辺をカット

男性ボーカル:2kHz~4kHzのところを少しブースト&その周辺をカット



・テンポ・ディレイ

フィードバック無しで、8分音符がLから、4分音符がRから返ってくる

--------------------------------------------

「komplete 10 ultimate」を手に入れました!!

Komplete 7を購入してから数年経ちました。

多数のソフト音源とエフェクターが搭載されている為、

出来る事が豊富で、すごく楽しんで使っています。

ちなみに、未だにこの製品の全機能の10%も使いこなせていません。

(ほとんどプリセットで済ませています・・・)




つい先日、Komplete製品のメールが届きまして、

「Komplete製品のアップグレードが半額!!」との文字に目を奪われてしまい、

ついついポチってしまいました。

k10u


私をポチらせた原因は、

「Komplete2~9ユーザーは、約4万円程でKomplete 10 Ultimate にアップグレード出来る」

と言う点です。

そのKomplete 10 Ultimate の中身というのが、

「75製品、17,000以上のサウンド、440 GB以上のインストゥルメントとエフェクトを搭載 」

という、超膨大なサイズというものです。

それがこの価格で手に入れられるとは、先月までの自分は想像もしませんでした。





しかも、半額セールは6月末までとの事なので、

こんなチャンスはなかなか無いと思い、衝動買いをしてしまいました。




これで、Komplete製品の音源&エフェクターがさらに増えました。

全ての製品を理解するのは大変ですが、楽しみながらボチボチいじっていきます。




・・・ただ、資格試験が2週間後に待っているので、今は「おあずけ」の状態です。

試験が終わったら、Kompleteに浸りたいですね。

【electri6ity】パワーコードを刻む演奏をさせてみた

現在、評判の高いエレキギター音源として

「electri6ity」と「prominy」がありますが、

「electri6ity」の方が価格が安かったので、

思い切って買ってみました。


electri6ity



すでに「RealStrat」というエレキギター音源は持っていますが、

ストラムに関して不満があったのと、

「electri6ity」のストラムは評価が高いという情報を聞いたので、

持ってても損は無いと判断しました。



さすが、評価の高いソフトだけあって

色々な表現が出来るみたいです。

その分、細かい設定項目が多くて

なかなかとっつきにくいソフトでもあります。



私も、まだまだ理解出来てない事が多いですが、

とりあえず分かった所から

使用方法を動画でメモっていこうと思います。



その手始めとして、パワーコードを入力する際の

ポイントとなった所を

以下の動画にまとめましたので

UPしておきます。



興味のある方は、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

-----------------------------------
●【electri6ity】パワーコードの刻みを打ち込んでみた(Cubase7 5使用)



------------------------------------
プロフィール

ネロプー

Author:ネロプー
徳島県三好市を中心に活動しているバンド「さんずい」のDr担当をしてます。
レコーディングからマスタリングに関して勉強中です。得た情報を当ブログにて、出来るだけ分かりやすくまとめていこうと思ってます。
演奏に関する情報は…ヘタクソなので書けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR