FC2ブログ

クラビネットに合う16ビート系バッキングを組み立てる

前回に引き続き、

鍵盤パートのバッキング組立ネタを載せます。





今回はクラビネットを使った

16ビート系のバッキングを組み立ててみます。




私が初めてクラビネットの16ビート系バッキングを聴いたのは

スティービー・ワンダーの曲(題名は忘れました)だったのですが、

左右の手が複雑に絡み合ってて

どんな風に弾いているのか分からなくて

衝撃を受けたのを今でもよく覚えています。




それっぽく打ち込みで表現出来たらと思い取り組んでいますが、

いまいち良い感じのフレーズは完成しませんね…

やっぱり難しいです。



とりあえず、自分が行なっている

クラビネット用16ビートバッキング構築手順を

下記に載せておきます。



---------------------------------------
●クラビネットに合う16ビート系バッキングを組み立てる

動画の大まかな流れ

① クラビネットの音色で左手用のリフを作って打ち込む

② 左手用のリフを一度リズム音に変換して聴いて、右手の鍵盤を押さえるタイミングを探る

③ リズム音から再びクラビネットの音色に戻し、右手用のフレーズをすべてルート音にしておく

④ 右手用フレーズに5度の音を追加する

⑤ 右手用フレーズのトップノート及び5度の音に動きを付ける

⑥ クオンタイズのスウィング機能でノリを出す



---------------------------------------
スポンサーサイト



プロフィール

ネロプー

Author:ネロプー
徳島県三好市を中心に活動しているバンド「さんずい」のDr担当をしてます。
レコーディングからマスタリングに関して勉強中です。得た情報を当ブログにて、出来るだけ分かりやすくまとめていこうと思ってます。
演奏に関する情報は…ヘタクソなので書けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR