FC2ブログ

[Domino]+[VSTHost]+[フリーVST音源]で手軽にDTMを始める

パソコンをお持ちの方で

「曲作りをしてみたいんだけど

作曲ソフトや音源を揃えるのは

お金が結構掛って大変!!」

と思っている方もいるかも知れません。




そういう方は

「無料DTMソフト」と

「無料音源」をダウンロードして、

手軽に作曲を始めてみてはどうでしょうか?




といっても、

何のソフトをダウンロードして

どの様に設定していけば

作曲する環境を構築する事ができるのか

分からないかも知れません。




その作曲環境構築の流れを

下記に簡単ながら記述します。

※環境によっては、下記の手順だけでは上手く作動しない事があるかも知れません。




-----------------------------------------
●フリーソフトウェアによる「作曲環境構築手順」

・まず、下記のソフトをダウンロード及びインストールする。

MIDI音楽編集ソフト「Domino」
http://takabosoft.com/domino

↓①をクリックしてダウンロード
無料ソフトでDTM環境構築01


仮想MIDIケーブル「MIDI Yoke」
http://www.midiox.com/

↓①をクリックしてダウンロード
無料ソフトでDTM環境構築02



VSTインストゥルメントやVSTエフェクトをセットするソフト「VSTHost」
http://www.hermannseib.com/english/vsthost.htm

↓①をクリックしてダウンロード(32bit-OSの場合)
※64bit-OSの場合は別のリンク先をダウンロード
無料ソフトでDTM環境構築03


・使用したいVSTインストゥルメントやVSTエフェクトを保存する場所を決める
↓今回はVST保存用フォルダ「DominoVST」を新規作成する
無料ソフトでDTM環境構築04


・使用したいVSTインストゥルメントやVSTエフェクトを保存する
↓先ほど作成した「DominoVST」にVSTファイルを保存する
無料ソフトでDTM環境構築05

※ネットで検索かけると、様々なフリーVSTのダウンロードページが見つかります。
私がよくお世話になっているページを、下記に記載しておきます。

「Free VSTi Plugins フリープラグインVST」
http://www.good-luck.org/freevsti.html

「フリー・シェアVSTプラグインソフト厳選ダウンロード集 - VSTAntenna」
http://vstantenna.info/


・「Domino」と「MIDI Yoke」を接続する
↓『Domino』ソフトの「ファイル」メニューの中の「環境設定」をクリック
無料ソフトでDTM環境構築06-01

↓「MIDI-OUT」ページの”MIDI OUT デバイス”欄に、仮想MIDIケーブルを指定
無料ソフトでDTM環境構築06-02


・トラック毎にMIDIデータ出力先(ポートとチャンネル)を設定
↓まず、「表示」-「トラックリスト」でトラックリスト表示にしておく。
無料ソフトでDTM環境構築07-01

↓設定したいトラックの名前の上で「右クリック」して、「トラックのプロパティ」をクリック
無料ソフトでDTM環境構築07-02

↓「トラックのプロパティ」画面のポートとチャンネルを設定
※ポートは仮想MIDIケーブルを選択
無料ソフトでDTM環境構築07-03



・「MIDI Yoke」と「VSTHost」を接続する
↓『VSTHost』ソフトの「Devices」メニューの「MIDI」をクリック
無料ソフトでDTM環境構築08-01

↓「MIDI Parameters」画面の「MIDI Input Devices」タブにある「Select all used device」一覧から、使用する仮想MIDIケーブルを選択する
※複数選択可
無料ソフトでDTM環境構築08-02



・「VSTHost」にセットしたVSTインストゥルメントをどこから出力するかを指定
↓「Devices」メニューの「Wave」をクリック
無料ソフトでDTM環境構築09-01

↓「Select Wave Devices」画面の「Output Port」欄に、
 出力させたいオーディオインターフェース名を指定する
無料ソフトでDTM環境構築09-02


・「VSTHost」にVSTプラグイン保存場所を指定
↓「File」メニューの「Set Plugin Path」をクリック
無料ソフトでDTM環境構築10-01

↓「VST PlugIn Paths」画面の入力欄に
 VST保存場所を記入
※今回は、先ほど作成した「DominoVST」のパスを記入する
無料ソフトでDTM環境構築10-02


・「VSTHost」にVSTプラグインを一覧から読み込む
↓「Load Plugin」アイコンをクリックすると、
 保存されているVSTの一覧が表示されるので、
 使用したいVSTをクリック
無料ソフトでDTM環境構築11


・「VSTHost」にVSTプラグインをフォルダから読み込む
↓使用したいVSTが一覧にない場合は、「New Plugin」アイコンをクリックし、
 使用したいVSTが保存されているフォルダを開いて目的のVSTをクリック
無料ソフトでDTM環境構築12


・VSTプラグイン毎に受信するルート(仮想MIDIケーブル経由ルート)を変える
↓VSTプラグインの「MIDI Input Filters」アイコンをクリック
無料ソフトでDTM環境構築13-01

↓「MIDI Input Devices」タブにある「Select all used device」一覧から、そのVSTに使用したい仮想MIDIケーブルを選択する
無料ソフトでDTM環境構築13-02

-----------------------------------------

私の環境では、この設定後に「Domino」に適当なMIDIデータを入力し、

再生させてみたら無事に音が鳴りました。



もし、興味のある方がおられましたら

試しにやってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

select all used deviceの一覧には何も出てきませんよ?

No title

Windows10 でも vsthost x86 の方を使わないと、
select all used deviceが何もない状態になるようです。
私も最初x64を使って真っ白で、x86の方を使ってみたら出てきました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

ありがとーう
プロフィール

ネロプー

Author:ネロプー
徳島県三好市を中心に活動しているバンド「さんずい」のDr担当をしてます。
レコーディングからマスタリングに関して勉強中です。得た情報を当ブログにて、出来るだけ分かりやすくまとめていこうと思ってます。
演奏に関する情報は…ヘタクソなので書けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR